読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症児と共に生きる

知的ハンディキャップのある自閉症児との味わい深い人生

初登校は波乱の幕開け

入学式が終わり、今日から本格的に初登校。

集団登校の班に入り、玄関まで一緒に。

ハンカチとティッシュを携帯しなければいけないのだけど、移動ポシェットが嫌だと

怒り、学校の正門前でたたくわ、蹴るわ、最後は私に噛みついてくるわの大騒ぎ。

 

正門前はそれほど広いところではなかったので、少し皆の集団から離れて落ち着くまで待った。本人も抑えたい衝動のはずなのだけど、全力で抵抗するだけの何か理由があったんだろう。

移動ポシェットは、保育園ではつけていたのだけど、卒園してからしばらく外していた期間があったら、またつけたくないと言いだしてしまった。

 

彼のなかに「移動ポシェットはもうつけるの終わり」と決めつけてしまったのかもしれない。なかなかこだわりやMyルールが多い子なので、このルールを再学習させるのは結構時間がかかるかもしれない。

 

一緒に登校するのは玄関までで、支援級の担任の先生が玄関に来てくれた。

校庭で遊びたがったのだけど、先生が頭ごなしに「ダメです」「上履きをはきなさい」と指示していたのが若干気になってしまった。理由を伝えて、時間が来たら遊べると言う風に本人に伝えて欲しかった。頭ごなしに否定系で入ると、また息子が乱れるな…。

そこは折を見て先生に伝えよう。

 

てっきり教室まで一緒に行けるものと思っていたけれど、玄関で先生とバイバイになってしまったので、そのあとどうなったのか、本当に心配だ。。

先生の連絡帳のコメントを見て、少しずつ会話していこう。

入学式ほどではないけれど、ほんの数10分のことだけでも、ぐったりと疲れが出てしまった。

初登校はこうして波乱な感じで幕を開けた。